補償内容の詳細

搭乗者傷害保険は、契約している自動車の運転手やその他の搭乗者について、事故によってケガや死亡といった被害を受けた場合に、必要となる補償を行うための自動車保険の一種です。
その補償内容としては、大きく分けると死亡保険金、後遺障害保険金、医療保険金の3つがあり、いずれも保険金を請求したとしても、次回の契約の際に保険料の割引または割増の基準となるノンフリート等級が下げられるといった影響がないというのが特色となっています。
死亡保険金は、搭乗者が事故によって死亡してしまった場合に、あらかじめ設定されていた保険金額がそのまま保険金として相続人に対して支払われるものです。
後遺障害保険金は、事故によって搭乗者に心身の障害が残った場合について、その障害の程度にしたがって、保険金額の全部または一定割合が保険金として支払われるものです。
医療保険金は、事故による搭乗者のケガについて、その部位と症状に応じて、あらかじめ決められた一定の金額が保険金として支払われるものです。これは実際に治療や入院・通院のために必要となった金額がベースとなるのではなく、あくまでも部位と症状に応じた定額払いですので、実際にかかった費用よりも少なくなるおそれがある反面、きわめて迅速な支払いが期待できます。

コメントは受け付けていません。