過失割合100%でも保険金はおりる?

搭乗者傷害保険は、契約中の自動車に乗っていた人が事故によってケガや死亡といった被害を負った場合について、あらかじめ決められた一定の金額が補償されるというタイプの自動車保険です。
通常の自動車保険であれば、契約中の自動車を運転していた人の不注意や法令違反などを過失として、事故の相手方の過失と比較し、これを過失割合という数字で表します。この割合が多ければ、実際に保険会社からの補償として支払われる金額がその分減額されてしまい、何のために保険を契約していたのかわからないという状態になってしまうこともしばしばです。
しかしながら、この搭乗者傷害保険は、ケガの部位と症状によって支払われる金額をあらかじめ固定してしまい、複雑な金額の計算をしなくてすむようにするなど、よりスピーディーに被害者救済を図ることを目的とした保険であることが特徴です。このため、過失割合には無関係で、あらかじめ固定された金額が減額されずに支払われるというシンプルなしくみになっています。
極端な例を挙げれば、この搭乗者傷害保険を契約していた場合については、後ろからの追突による事故でケガをした場合などのように、過失割合が100%であったとしても、保険金が下りるということになります。}PgžxQ

コメントは受け付けていません。