等級に影響しない補償内容とは

一般の個人が加入する自動車保険には、ノンフリート等級と呼ばれるランクづけの制度が採用されています。
この制度は、自動車保険に加入した人を原則として1から20までのランクに分け、ランクの上位にあるほど保険料が割引となり、逆の場合は割増となるというものです。
新規加入者のランクは原則として6か7となり、そこから1年間無事故であった場合については1ランクだけ引き上げられ、以後も同様に1年ごとにランクの引き上げがあります。
ただし、事故で保険金を請求した場合については、翌年のランクは1ランクから3ランクほど引き下げられてしまいます。
3ランクダウンとなるのは、他の車と衝突して相手にケガを負わせたり、自ら電柱に衝突して車両を壊したりといった、自損事故を含めた通常の事故になります。
1ランクダウンとなるのは、洪水や高潮で車両の修理が必要になったり、飛び石で窓ガラスが破損したりといった軽微な事故の場合です。
これらの例外として、運転者やその他の搭乗者などのケガ・死亡についてを補償内容としている搭乗者傷害保険や人身傷害保険があります。
搭乗者傷害保険や人身傷害保険に関する保険金だけを請求した場合については、同じ事故でもノーカウント、すなわちランクに影響を与えないという特殊な取り扱いになっています。

コメントは受け付けていません。