搭乗者傷害保険に加入するメリット

自動車保険のタイプのひとつとして、搭乗者傷害保険と呼ばれるものがありますが、これは対人賠償責任保険のように、事故の被害を受けた相手方に対する賠償として保険金を請求するものではなく、契約中の車に乗っていた側の人の人身上の被害を救済するための保険です。
この保険を契約しておくことのメリットはいろいろとありますが、その大きなものとして、保険金の支払いがスピーディーであるということが挙げられます。
通常の自動車保険では、保険金の支払いは事故にともなう損害額が確定してからというのが原則です。しかしながら、実際に事故で病院に入院し、手術をするといった場合には、退院するまでの期間中にある程度まとまった費用が必要となりますので、貯金などの蓄えがなければ対応できないことになってしまいます。
この保険に加入していた場合には、頭部、手指、腹部などの体のどの部位にケガがあるのかと、切創や打撲、骨折・脱臼などのケガの症状や程度に応じて、あらかじめ支払われる保険金の金額が明確に決まっているため、損害額の確定を待たずとも保険金を請求することが可能であり、しかも事故の相手方との過失割合にかかわらず、減額されることなく支払いが行われます。–¼Ì–¢Ý’è-2

コメントは受け付けていません。