自賠責保険が支払い済でも補償される?

搭乗者傷害保険は、契約中の自動車が事故に遭い、運転手を含めた搭乗している人が死亡またはケガを負った場合について、定額の保険金が下りるというタイプの自動車保険をいいます。
この保険は定額補償というところに特徴があり、それゆえに損害額が確定してから保険金が支払われるような一般的な自動車保険とは違い、迅速確実に保険金が支払われることになります。
特に、事故による搭乗者のケガについては、頭部や腹部、上肢、下肢などの身体の部位と、骨折・脱臼、打撲・ねんざ、内出血、神経の損傷などの具体的な症状との組み合わせによって、あらかじめ決められた金額の保険金となっています。
このようなことから、実際に病院にかかった経費よりも保険金として支払われる金額が少なくなってしまうこともないわけではありませんが、決まった金額が確実に支払われるという安心感があります。
また、例えばすでに相手方の自賠責保険から損害賠償として保険金を受けていたとしても、搭乗者傷害保険の定額という性質が変わることはありませんので、二重に保険金を受け取るということが可能です。
このように、搭乗者傷害保険は、毎年の保険料に比較して、被害に遭った場合のメリットが大きな保険であるといえます。太陽02

コメントは受け付けていません。