事故経験者にしかわからない死亡やケガを定額補償の恩恵

搭乗者傷害保険に加入するメリットにはさまざまなものがありますが、そのなかでも保険金が定額補償で支払われるという点は、メリットとして特に大きなものといえます。
通常の自動車保険であれば、保険金というのは事故の被害の大きさを金銭に換算できる状態になってから、その実際にかかった金額が支払われるというのが原則です。もし契約車両を運転していた人に過失があった場合には、その分だけ過失相殺として保険金の金額が差し引かれてしまうこともあります。
例えば、事故によるケガで入院したのであれば、退院後に保険金を請求して支払いを受けるということになりますが、これでは入院中の諸費用を保険金でまかなうことはできません。本人死亡で遺族が保険金を受け取る場合も同様で、葬儀が終わってからの保険金の支払いでは、膨大な葬儀費用の支払いに窮してしまいます。
その点、搭乗者傷害保険であれば、あらかじめケガの部位と症状にあわせた保険金の金額が決まっており、過失割合に関係なく、定額補償として決まった金額だけ支払われます。
このため、支払いがひじょうに迅速に行われ、しかも金額のブレがないという特徴があるため、事故によって即座に治療費などの費用が必要になった場合に心強い保険といえます。川

コメントは受け付けていません。